入居者のニーズ

注文住宅での入居者のニーズに応じた家を建てられます。

入居者のニーズ 土地は狭いけど家族がたくさんいる、逆に家族の人数は少ないけど一つ一つの部屋が広い家に住みたい、などの様々な入居者にニーズに応じた家を建てられるのが注文住宅のメリットです。
マンション・建売りの場合は間取りが決まっているため、このような細かなニーズには対応できないもの。
土地から探す注文住宅だからこそ、外構も含めた自分のイメージどおりの家を建てることができます。
特に、隣の家との距離などの住宅環境も土地から探す注文住宅のほうが自分好みの立地とすることができるので、家族のプライバシーを守り、周りのことを気にしなくて済む快適な生活を送ることができます。
また、案外見落としがちなのが、空調やキッチン用品などの住宅設備。
マンションや建売ではすでに住宅設備が備え付けられていますが、それを自分好みのものに交換しようとすると数百万円近くの費用が掛かることもあり、注文住宅を購入する場合とさほど費用が変わらなくなってしまう場合もあります。
また、住宅設備を交換しようと思っても、家の構造・間取りによってつけることができるものもあります。
何十年も住む家だからこそ、多少費用は高くなっても自分と家族にとって一番快適な空間を手に入れることをおすすめします。

注文住宅はライフプランスタイルに合わせてつくれます。

ライフプランスタイル 注文住宅を建てるにはまず資金計画が大切です。
そして既存の土地が無ければ土地探しを行う必要があります。
土地は住んでみたいエリアや鉄道沿線沿い、あるいは好きな駅から選ぶということも出来ます。
資金は土地と建物、そして登記費用とかローンの事務手数料、保険料、引越し費用、税金とか色々とかかって来ますから余裕をもって望みたいものです。
土地と建物に費用配分できたらエリアごとの地価を調べ、どれぐらいの土地が購入できるか検討します。
土地は南北に長く矩形で高低差のないものが望ましいとされています。
日当たりや風通しなどを考慮して採光は南面からとれるようにしたいものです。
そして家族の人数や将来への夢、ライフプランスタイルに従って注文住宅の構造や階数、間取、建築面積と延面積を割り出します。
用途地域によって建蔽率や容積率、斜線制限など法令の制限もかかって来ます。
ライフスタイルは各家族ごとに違うもので、もし将来予測が難しい場合には子供部屋など大き目の部屋を作っておいて、人数が増えて来たら適切な時期に部屋を人数分に区切るという方法もとれます。
高齢者や子どもと同居する場合にはユニバーサルデザインにしておくと安全に暮らせますし、平屋建てという選択方法もあります。

おすすめ注文住宅関連リンク

湘南の地で注文住宅を建て続けてきた「技拓」ならではの、知恵と工夫があります。

湘南 注文住宅